スポンサーリンク

CPUを自分で1から作る!?「CPUの創り方」レビュー

本の紹介
スポンサーリンク

どうも,ておておです!

突然ですが,パソコンの部品の一つである「CPU」ってご存じですか?

それなりに多くの方が「CPUはパソコンの性能を左右する重要な部品である」ということを知っていると思います.現にパソコンを購入するときにCPUのスペックを気にされる方は多いのではないのでしょうか.

そんな重要な部品であるCPUですが,実際にはどのような働きをしているのか知っていますか?もし知らなかった場合,CPU内部では何が起こっているのか知りたいと思いませんか?

というわけで今回はそんな方にお勧めする,渡波郁さんの「CPUの創り方」という本のレビューをしていきたいと思います.

スポンサーリンク

どんな本?

この本は,多くの人にとってブラックボックスと化してしまっているCPUがどのような働きをしているのか,どのような仕組みで動いているのかを実際にCPUの設計をしていきながら学んでいくという本です.この本を参考にすれば,通販や電子部品屋で普通に買えるような一般的な電気・電子部品を使って実際にCPUを1から自作することが出来ます.

内容は,使用する電気・電子部品の説明から始まり,デジタル回路の基礎,CPUの回路の仕組みの解説・設計という流れで進んでいきます.事前に必要な知識はほとんどありません.中学の理科で習う程度の電気の知識さえあれば読み進めることが出来ます.

これからCPUの構造について勉強していきたいという人や,CPUの構造について勉強したことがあるけど難しくて挫折してしまったという人に非常におすすめの本です.

かなりの名著で,コンピュータの仕組みについて勉強する際には必ず名前が挙がるような本です.

この本の良い点

この本は非常に読みやすく,わかりやすい本なのですが,それにはいくつか理由があります.

堅苦しくさが全くない

この本の非常に良い点は,作者が良い意味でテキトーであるという点です.

技術書って良くも悪くも堅苦しい本であることが多いです.堅苦しく書いてあるせいで,良書であっても初心者が敬遠してしまうことって結構多いと思います.

ですが,この本は堅苦しさは全くないです.というか,かなりふざけた言葉ばっかりです笑.そのおかげで途中で飽きることなく,すらすら読むことが出来ました(人によってはふざけ過ぎって思うかもしれませんが…笑).

どこまで理解すべきかが分かりやすい

「ここまではしっかりと理解してほしいけど,これ以上は難しいから理解しなくていいよ」というラインの線引きがはっきりと明記されていて,しかもその線引きが非常に上手です.そのおかげで,どこまで理解すればよいのかがはっきりと分かるので,とても読みやすいです.

お堅い専門書の中にはそのような線引きが全くされていなくて,どこまで理解すべきなのか迷うために読みにくい本が多々あります.そのような専門書にはこの本を見習ってほしいです笑.

また,初心者には難しすぎる内容は,ちゃんと断りを入れた上で説明が省略されています.おかげで「今はまだ理解できないだろうけど,この先にはもっと難しい内容が隠されているのだな」ということを予感させてくれるので,今後の学びの意欲も湧いてきます.

この本の悪い点

今までこの本の良い点ばかり書いてきましたが,一つだけ悪い点があります.それについて説明します.

情報が古い

この本の唯一の欠点は出版年が2003年とかなり古く,載っている情報がかなり古いことです.

一番困るのは,本の中で紹介されている部品の中で今となっては入手困難なものがいくつかあるという点です.

例えば回路の一部に「74HC154」という汎用ロジックICを使用していますが,今となってはこの74HC154は生産が終了していて入手が大変困難です.そのために,この74HC154と同じ動きをする回路を自分で作成しなければなりません.74HC154だけではなく,いくつかの部品が生産終了品になっていて入手が困難だったので,実際に作るとなるとそれらの部品をどうにかする必要があります.

まぁこれは悪いことばかりではなく,自分で考えて作る練習になって非常に良いことでもあるのですが.ただ,やはり私のような初心者にとってはかなり辛かったです.

また,本文の説明の中にPentium4(めっちゃ昔のCPU)とかが出てきますが,私はそんな化石CPUをネットの記事とかでしか見たことがありません.ものすごい時代を感じます笑.

ただし,何年経っていようがCPUの基本構造は変わっていないので,「昔はそうだったけど今はこんな構造じゃないよ」みたいなことは無いので安心してください.

個人的な感想

読んでて滅茶苦茶面白いし,非常にためになります.マジで一度読みだしたら止まりません.時間を忘れて本に没頭するなんて経験を久しぶりにしました笑.

CPUって良く「演算を行うパソコンの中心となる部品」とか「人間の脳に当たる」とか説明されてますよね.それらの説明でなんとなくイメージはつかめるのですが,実際にはどのような動作を行っているのか全然わかりません.

てか演算って何なんだよって思いませんか?演算って聞くと,足し算引き算などの四則演算のイメージがありますよね.そう考えると電卓とかexcelを使っているときに演算が必要なのは分かります.が,計算なんて全く不要に思える動作,例えばネットサーフィンをしているときになぜ演算が必要なのか疑問に思いませんか.

こんな感じで私はCPUの仕組みを理解してみたいと思っていました.でも,ネットとかに書いてある情報だけではどうしても理解が出来なかったんですよね.

そんな時に出会ったのがこの本です.運命の出会いだったと思います.

この本のおかげでCPUが内部でどのようなことを行っているのかをある程度理解することが出来ました.今までネットの情報だけでは理解できなかった内容も,スーッと頭の中に入ってきて理解することが出来ました.本当に買って良かったです.

もちろんこの本だけでは完璧にCPUの仕組みを理解することは出来ません.が,その第一歩としてこの本は非常に良書であり,手に取って本当に良かったなと思います.

どうでも良いことですが,表紙のメイドさんのイラストは,なぜこれを採用したのか謎です笑.本文中にも何度かメイドさんのイラストが出てきますがなぜメイドさんなのでしょうか.しかもそんなに可愛くないし笑.ていうかイラストのせいで人前で読みにくいので,人前で読むならブックカバー必須です.

この本を読み終えた後に読むべき本

この本を読み終えた私は,次に以下の本を読んでいました.

この本を簡単に説明すると,実際にCPUを作ったりするわけではなく,パソコンのエミュレーター上でCPUなどのハードウェアを作成していきます.また,ハードウェアだけではなくソフトウェアも作成していくので,ハードウェアとソフトウェアがどのような関係性を持っているのかを知ることが出来ます.

「CPUの創りかた」を読んだ後に一つ上のステップの本を読みたいと感じた際に非常におすすめできる本です.

最後に

いかがだったでしょうか.非常におすすめの本なので,本屋で見かけた際にはぜひ一度手に取ってみてください!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました